漢方薬と西洋薬の違いとは

漢方薬と西洋薬は、まったく成分や種類の特徴が全く違います。
まずは、漢方薬は、患者から症状や体質などを詳しく聞き、多種類の生薬を配合して作ります。
一般的に知られている漢方薬の種類は煎じ薬ですが、その他にもエキス剤や丸剤などもあります。
漢方薬の目的は体の抵抗力を高めることが目的なので、速効性があるものはありませんが、通常の検査しても異常がないの自覚症状がある病気に適しています。
次に西洋薬は漢方薬と違い、生薬の有効成分だけを抽出したもので、症状に直接作用します。
薬の選択方法は、検査などで病気の原因を探り、その適した病気名を決めて薬を選びます。
薬の種類は、錠剤やカプセル剤、シロップ剤ながあります。
症状に直接作用するため速効性にすぐれ、効き目は強いです。
西洋薬は1つの症状に対して1つの治療薬を使用するので、症状が多い場合には処方する薬が多くなります。
基本的に西洋薬は、病気の原因が特定できて、緊急を要する病気や感染症などの可能性がある病気などには、特に有効と言われています。
最後に副作用についてですが、双方ともあります。
ですが、西洋薬の方が、効き目が強い分副作用が現れやすい傾向にあるとされ、漢方薬の方は比較的に副作用は少ないとされています。